京都在住の黒プーりえるの毎日とデコキラ☆プチアクセショップ『Le-Riel』
Profile

Author:ミモザ

ミモザ

Name:りえる


♪ブラックのトイ・プードルの女の子♪

おとなしそうと思いきや、根っからの女王サマ気質

ママの言ってる日本語はカンペキに理解してます

ドッグスクールでトレーニング、
CDⅡ取得♪

セラピードッグとしてあちこちの施設や学校で活躍中です


キラキラプチアクセサリー
カテゴリ
プチ月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日の朝にツイッターでりえるの調子が悪いことをつぶやいて以来、皆様にはご心配をおかけしました。

私の精神状態が落ち着かず遅くなってしまいましたが経過を書きたいと思います。

長々と文章だけになると思いますが、忘備録として残しておきたいと思います。





8/4夜 それまでは全くなんともなかったのにふと気づくとブルブル震えて丸まって寝ているりえる。

「どうしたん?」と抱き上げると「キャン」と鳴き声を上げる。

おかしいと思いながらも少し調子が悪いときはよく震えることもあったので明日病院に行こうとその夜は就寝。



8/5朝 夜もりえるが気になりなかなか寝付けず、朝も5時前には起床。

すぐにクレートのドアをあけるけれどりえるが出てこない。

いつもはすぐに出てきて朝の挨拶をするのに。

何度か呼んでやっと出てくるけどやはりブルブル震えてうずくまる。

様子を見ていると呼吸が荒くて早い。

時々舌をだして「ハッ、ハッ」と呼吸する。

もうこれは完全に何かある。

かかりつけ医に診察時間より少し早く駆け込みました。



病院で症状を言うと腰を触診。

神経学的検査(腰の神経の反射反応をみる)をされました。

すると何番目かのところの反射が悪い事がわかりました。

そこの神経が痺れてるか麻痺をしている状態。

で、病名は「椎間板ヘルニア」と言われました。

その後念のためレントゲン検査。

ただ、レントゲンでは椎間板ヘルニアの診断はできないそうで、他に病気がないかの確認のためだそうです。

レントゲンでは骨は綺麗で変形などもなく、他の病気の心配はないとのことでした。



ただ、その後先生から衝撃的なことばかり聞かされ、ショックの余り倒れそうになりました。

曰く、椎間板ヘルニアは下半身麻痺になり寝たきりになることがある。

りえるの場合、若いこともあるので進行が早いかもしれない。

車椅子のような生活になるかも。

手術をしても全く元通りになるのは50%くらい・・・など。

落ち着いた今では、最悪の場合はこうなります・・みたいな意味だったんだろうけど、ただでさえ動かないりえるを前に私はほとんどパニック状態。

とりあえず、りえるには痛み止めの注射と一週間分の痛み止めのお薬を処方され、経過観察することになりました。




でも帰ってきてもりえるは全く動かず。

寝たきりのまま。

家に帰ってきて号泣しました。

ただ、それから情報を集めなければ・・・・とネットを徘徊しつつ、お友達のところへ情報収集のメールをおくりました。

そうこうするうちに夕方になるとりえるが起き上がるように!

そこでまた「良かった~」と号泣です。


椎間板ヘルニアのひどい場合は、時間との勝負らしくすぐに手術などの外科的処置が必要になるみたいです。

麻痺した神経が時間と共に壊死するらしくそうなるともう下半身麻痺へと進行してしまいます。

また、排泄が自力でできるか、しっぽが振れるか・・というのも判断の材料になるみたいです。



りえるは夜の時点でしーしーはいつものコマンドで自力でトイレに行ってでき、にぃにの帰宅にもしっぽを振って喜ぶくらいまで回復しました。

この頃くらいから、色んなお友達からメールや電話が。

みんな自分で調べた内容を色々と教えてくれて、りえるの心配や私の心配までしてくれて、ホントにありがたかったです。



今朝になり、昨日よりもまた一段と良くなったりえる。

普通にすたすたと歩けるようになりました。

昨日はそれでもすぐに寝転んでたけれど今日はそんな感じでもなく、私のあとを付いて歩こうとします。

ただやはりしばらくは安静が第一なので、「ハウス」でクレートイン。

この時ほどクレートトレーニングをしておいて良かったと思いました。

今でも寝るときはクレートで寝るりえる。

自分でも調子が悪いのがわかっているのかおとなしくクレートに入ってくれてます。

ま、長引くと文句言いますけど(笑)。

ただ、腰の痛みに加えて閉じ込めるというストレスまで味合わせなくても良かったのでそれはホントに助かりました。


パパと色々話した結果、今のりえるは緊急性がないと判断し、少し様子を見ようとおもっています。

ただ、これからずっと椎間板ヘルニアとは付き合って行かないといけないだろうし、鍼やレーザー治療についてももう少し調べてみようと考えてます。






今回の事でほんとにもう私にとってりえるがこんなに大きな存在になっているなんて・・・と思い知らされました。

そしてダメダメな自分も。

ついつい悪い方へ悪い方へと考えてしまって・・・。

ダメですね。

そしてお友達の有り難さも実感しました。








しかし少し良くなってきたとはいえ油断は禁物。

とりあえず一週間安静にしつつ様子を見ます。

その間にこれからどういう風に治療していくか、じっくり考えたいと思います。




心配してくださった皆さん、ホントにありがとうございました。

引き続き、椎間板ヘルニアについてご存じのことがあれば教えていただけるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。








りえるに応援ポチ。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:トイ・プードル - ジャンル:ペット

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。